FC2ブログ
「スポンジ・ボブ」ニコロデオンで放送中!

プロフィール

節税税理士

Author:節税税理士
現在、飯田敏晴税理士事務所所長

大学卒業後、3年間機械メーカーで営業を経験し
26歳で税理士を志す
29歳で税理士資格を取得し
その後、税理士事務所・公認会計士事務所に勤務
一般企業を2007年11月に退職し、独立
現在35歳

飯田敏晴税理士事務所
〒862-0924
熊本県熊本市帯山4丁目44-5帯山ビル401
TEL096-285-8304
FAX096-285-8314
mailto:iida01479@huk.bbiq.jp

下のリンクにホームページあります

営業範囲

熊本県内全域  熊本東税務署  熊本西税務署  八代税務署  人吉税務署  玉名税務署  天草税務署  山鹿税務署  菊池税務署  宇土税務署  阿蘇税務署

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

FC2カウンター

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
事業年度が終了してから、
2ヵ月以内に税理士は決算書を作成します。
この決算書を、中小企業の場合
外部に出すのは基本的には税務署だけです。

しかし、普通は銀行に借入があることが多いですから
銀行にも提出することになります。

税務署に提出するときは、利益を出来るだけ
減らしたほうが、多くの場合節税になります。

銀行に提出するときは、利益を出来るだけ
増やしたほうが、多くの場合評価が上がります。

基本的に、節税を行うことと、銀行の評価をあげることとは、
相反することです。(すべてがそうではないですが)

資本が厚く内容のいい企業であれば、節税重視の決算書を作成し、
逆に、資金が必要な企業は銀行重視の傾向にあります。

このため税理士は、将来の企業の方向性に合わせて決算書を作成します。



この企業の方向性に合わせて決算書を作成するという事を
理解していない、税理士が多いように思います。
ただ税金の計算をしているだけでしかありません。
新しい企業を引き継ぐと、前の先生が工夫しているかどうか分かります。

経営者の皆さんご注意を




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP | 

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。