「スポンジ・ボブ」ニコロデオンで放送中!

プロフィール

節税税理士

Author:節税税理士
現在、飯田敏晴税理士事務所所長

大学卒業後、3年間機械メーカーで営業を経験し
26歳で税理士を志す
29歳で税理士資格を取得し
その後、税理士事務所・公認会計士事務所に勤務
一般企業を2007年11月に退職し、独立
現在35歳

飯田敏晴税理士事務所
〒862-0924
熊本県熊本市帯山4丁目44-5帯山ビル401
TEL096-285-8304
FAX096-285-8314
mailto:iida01479@huk.bbiq.jp

下のリンクにホームページあります

営業範囲

熊本県内全域  熊本東税務署  熊本西税務署  八代税務署  人吉税務署  玉名税務署  天草税務署  山鹿税務署  菊池税務署  宇土税務署  阿蘇税務署

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

FC2カウンター

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
これは会社の税金を減らす方法ではなく、経営者個人の税金を節税するものです。

経営者が役員報酬を受け取ると、個人の所得税が発生します。

所得税は、役員報酬が増えると比例して適用される税率も上昇する累進課税制度となっています。

一人で役員報酬を受け取ると、所得税は高いのです。

役員等の中に家族・親族がいる場合、この役員報酬を一人で受け取るのではなく、

二人・三人と複数で分散して受け取ることが節税になります。

しかし、家族・親族などに役員報酬を支給する場合、

勤務の実態・職務の内容に照らし合わせて適正な金額でなければなりません。

また、年額103万円を超える役員報酬を受け取る場合には扶養親族から外れます。

これらのことを総合的に勘案して適用してください。

適用される場合には、必ず税の専門家である税理士に相談してください。

スポンサーサイト

コメント

ご参加のお願い

お忙しいところ失礼致します。田中と申します。この度は私が運営している「prudence」についてお願いに参りました。当サイトは税理士、会計士の先生に無料でHPをご登録頂き、当HPを訪れたユーザーの方へご紹介するというサイトです。すでに「税金対策」というキーワードで上位表示されておりますので、すぐに貴殿サイトへアクセスがあるかと思います。お忙しいところ大変恐縮でありますが、何卒ご参加の程宜しくお願い致します。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP | 

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。